希少貝シロコムラスを送れ!

マイコの占いに、一同は落胆。

期待してしまった方が悪かったのかもしれません。
だって、もっとピンポイントで場所を言ってくれると思っていたのですから。
それが、

「山の家か海の家にある」

と、1ヵ所ではなく、2ヵ所も候補を上げてきました。

それまで夜通し探していた町の人々は、
くちぐちに呆れた、もう疲れたなどと言って家に戻ってしまいました。

それでもその場には、10人ほど残っていました。

続きを読む

希少貝シロコムラスを探せ!

マサカヒカルです。

少し間が空いてしまいましたね。

というのも、町一体となって、
シロコムラスというものをほぼ2日かけて、探していました。

わたしもそれを探すのを手伝っていて、
お便りを書くのに間が空いてしまったというわけです。

続きを読む

なべを焦がして失敗の恐怖を思い出す

先日、中央書店で買った調理火の術書を、さっそく使ってみましたよ。

魚の切り身の煮付けに挑戦しました。

なんとか作ることはできましたが、
なべを一つ焦がしてしまいました。

火加減がちょうど良く変わってくれるものだと思っていたのですが、
水の量や魚の大きさや厚さが、
調理例とずれていると上手くいきませんでした。

続きを読む