フェレルの町の手書き地図

フェレルの町の手書き地図

こんにちは、マサカヒカルです。

今日は、フェレルの町の地図を書いたので送ります。

いままでお便りに登場したポイントを描き込みました。

フェレルの町

フェレルの町の手書き地図

(地図をクリックorタップすると、大きくして見ることができます)

わたしの家は、右下の海岸付近の林の中にあります。

そこから近くの桟橋の先では、いつもイギルじいさんが釣りしています。

フェレルの町のほぼ中心に中央書店があり、
穴倉書店離れ小島書店も描いておきました。

海岸に広がる砂浜は広く、夜通しで例の伝説の貝探しをしたところです。

わたしの家の近くから山へ向かう細い道をずっと行くと、
ハレギ特魔書店へとつながっています。

そうそう。

ついにわたしはハレギ特魔書店にお邪魔することができました。

先日、手ほどき会をしたときに、
ハレギ特魔書店の店主で魔導士のハレギさんがわたしたちのいる広場を通りかかって、
お話することができました。

広場は、細道の途中にある木々に囲まれたところです。

ハレギさんは、越境隊の一件で
わたしが逓送魔法使いと小耳に入れていたらしいのです。

たまたま山から下りてきたときに、
広場で手ほどき会をしている私を見かけて話しかけてくれたのです。

ハレギ特魔書店については、また次のお便りに。

フェレルの町が、どんな感じなのか少しでも伝わればいいなと思います。

使いかけの絵の具で地図を描いた小屋のあるフロイハイルより。